読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろしのようきな暮らし

とりあえず日々の思いを書き殴ってみる!

あたりまえ

はい!3月11日 土曜日です。

 

震災からちょうど6年が過ぎました。

 

6年前の今日を境に数えきれないほどの人の「あたりまえ」がなくなりました。

 

想像を絶する恐怖。耐えきれないほどの悲しみ。先の見えない不安。

 

たくさんの人たちに、そんな感情が突然襲ってきました。 

 

その中でも家族を亡くした悲しみ、痛みは6年経った今でも心に深く残っていることでしょう。

 

テレビで被災者の方のインタビューを見ていると、涙が出てきます。

 

「もう一度会いたい」「夢の中でもいい会いたい」「声が聞きたい」

 

心が痛くなります。その方たちに私は何もしてあげれません。

 

ただ一つ出来ることはお亡くなりになられた方たちに黙祷を捧げることと、

 

「がんばってください!」と言う気持ちを黙祷に込めることだけでした。

 

震災から6年復興も進んできてます。あたりまえの1日、日々にに感謝して

 

一日一日を大切に生きていきたいと思います。

 

 

 

この気持ちは書かない方がいいかなと思いましたが・・・・

 

ただ、一つ今日は6年経ったという「温度差」を感じました。

 

工事現場での仕事で同じ作業をしている皆さんに、黙祷をお願いしました。

 

数人の方たちから帰ってきた言葉は「いや、やらなくてもいいでしょ、代表してやってくれ」などと言った答えでした。

 

正直悲しくなりました。(ほんの1分手を休めて黙祷する事も出来ないんですか?)

 

と、言いたかったですけど。言ってもしょうがないと思い。

 

「そうですか。わかりました。」

 

私と黙祷をしてくれた方たち、ありがとうございました。

 

とってもうれしかったです。